TOP-LOGO

インタッチ アロマケア

インタッチアロマケア概略

1991年オーストラリアに移住し、2000年メルボルン薬学学校(Melbourne College of Natural Medicine 現:Endeavour College of Natural Health)でアロマテラピー・ディプロマを取得しました。その後アロマセラピークリニックを開業し現在に至ります。

IAAMA (旧:IFA Australia) 正会員
Australian Traditional - Medicine Society (ATMS) 会員

長年の経験から言えることは、『コレを塗ったらスキントラブル解決』というようなものは有りません。いろいろなスキントラブルは体の中のトラブルを含めて診る必要があるからです。

オーストラリアのメルボルンで勉強して良かったことは、在学中に世界的に有名なアロマセラピストで、フランスのドクター・ペニョール氏も聞いてくるほど有名なロン・グーバ氏に師事することが出来たことでした。

学校がそこしかなかったので選んだ学校でしたが、世界的に有名なロン・グーバ氏と知り合えるきっかけとなったのは、最高でした。日本人としてはグーバ氏の一番弟子です。グーバ氏の家とは車で5分ほどの距離に住んでいます。

日本のアロマ業界のプロが購読しているフレグランス・ジャーナル社の「アロマトピア」誌の最長コラム寄稿者です。
在学中のアロマのワークショップで、多くの人にマッサージをする課題が与えられました。その最中に、アジア系の人とヨーロッパ系の人では香りに対する感じ方が異なることを発見しました。

これを基に、日本人には日本人のアロマセラピーが必要と実感し、フレグランス・ジャーナル社発行のアロマトピア 39号(2000年)に「リサーチ:文化的背景がアロマセラピーに与える影響について」を投稿したのが、最初の寄稿文です。

この投稿が、それまでの欧米人向けアロマセラピーから日本人向けアロマセラピーの開発のきっかけとなりました。その後、フレグランス・ジャーナル社の依頼によりメルボルンからアロマセラピーなどの代替医療に関する寄稿を続けています。このため、フレグランスジャーナルの津野田会長には、大変お世話になっています。

………………………

ページトップへ↑
≪サイトトップへ戻る
Copyright (C) 2007-2015
InTouch Aromacare
All Rights Reserved.
※当サイトの全てのテキスト・画像等の
無断転載転用、商用販売を固く禁じます。
3 3 9 6 8 1 5